« 長野の松本と新潟へ取材に行ってきました!! | トップページ | Mele Ohana O Kahoku 京都 発表会!! »

2012年2月14日 (火)

松本大学の東日本大震災チャリティー『フラ・イズ・アロハチャリティーコンサート』!!

0566 0966_3 1277 2044 2533 2799 1999 3066 3322 3455 3799 4700

2月12日に長野県塩尻市にある文化会館レザンホールで開催された松本大学の東日本大震災チャリティー『フラ・イズ・アロハチャリティーコンサート』を取材しました。
このチャリティーコンサートは、長期にわたりアロハウォーカーに連載させて頂きました「アンクル・ジョージが教えてくれたこと」の著者でもある松本大学の山根宏文教授と学生達が企画して開催されたイベントで、彼からお誘いを頂き取材をさせて頂くことになりました。
松本大学では教職員や学生の皆さんが東日本大震災災害支援プロジェクトを立ち上げて、これまで宮城県石巻市での支援活動を展開されてきました。昨年の4月から7月まで1週間に一回のペースで現地を訪れたり、5月には遅々として進まない瓦礫撤去作業のために「One Day弾丸ツアー」を3日間連続で実施されるなどして、100名以上の学生教職員を投入され、また8月の夏休みにはサマーキャンプで現地の小学校児童や保護者など160名近くを松本に招いたり、10月の大学祭では石巻から学生を含む関係者を招いて復興支援のシンポジウムを実施するなど、地域密着型の多大な復興支援の活動をされてきました。
このコンサートのタイトル『フラ・イズ・アロハ』はアンクル・ジョージ氏から山根教授が生前に貰ったものです。山根教授によると、アンクルは「フラは心の言葉」と言ったカラカウア王を心から尊敬していて、その言葉から由来された『フラ・イズ・アロハ』というタイトルです。
コンサートの第1部では山の都フラスタジオM、Hula Studio Pua'Aina、Mana'olana Hula Studio、Halau Hula E Ho'onani Na Pua、Halau Hula O Lihau、Lehua Maka Noe Hula Studio、Hula Halau Na Pua Hau'oliの皆さんが素晴らしいフラを披露。
第2部ではHalau Hula E Ho'onani Na Puaによるカヒコ、ハワイからのゲストウェルドン・ケカウオハの演奏でLehua Maka Noe Hula Studio、Hula Halau Na Pua Hau'oli、Halau Hula E Ho'onani Na Pua、Na Liko O Kahaunani、Mana'olana Hula Studio、Halau Hula O Lihau、Hula Halau O Makananiの皆さんが素晴らしいフラを披露しました。ウェルドンも予定よりも数多くの曲を演奏して、彼のこのイベントに寄せる温かい気持ちを表した。松本大学の山根教授と学生達が企画し、地元や県外の多くのハーラウが賛同し協力したチャリティーイベントは大成功に終わった。コンサートの収益金は松本大学東日本大震災災害支援プロジェクトの活動資金と、長野県北部震災復興支援義援金に充てられます。
アンクルの「フラ・イズ・アロハ」という言葉のもとに、スタッフ、出演者と会場の皆さんがひとつになって、とても温かいアロハの力で支援した素晴らしいチャリティーコンサートだった。

★写真はコンサートの模様です。

Mahalo Nui Loa & Special Thanks to Mr.Yamane, Matsumoto University.

|

« 長野の松本と新潟へ取材に行ってきました!! | トップページ | Mele Ohana O Kahoku 京都 発表会!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長野の松本と新潟へ取材に行ってきました!! | トップページ | Mele Ohana O Kahoku 京都 発表会!! »