« 大阪・梅田茶屋町のLAPINEでハワイアンライブとメレフラ!! | トップページ | 神戸のアプローズでも名渡山遼のウクレレ・ライブ!! »

2011年8月10日 (水)

ハワイの心を歌にのせて “ワンヴォイス” 8月20日に梅田ガーデンシネマで待望のロードショー!!

002     009 
この瞬間は未来のために。いま奏でられる、ひとつの歌声ー。
90年間続く伝統の“ハワイアン・スクール・ソング・コンテスト”に挑む生徒たちの姿を追った感動のドキュメンタリーです!!
ハワイファン、ハワイアンミュージックファン、そしてフラファン必見の映画です。。

ハワイ、オアフ島で創立120年を誇る伝統校カメハメハ・スクール。ハワイアンの血を引く子どもたちが通う名門校でもあるこのハイスクールでは、毎年3月に“ハワイアン・スクール・ソング・コンテスト”という合唱コンクールが開催される。9~12年生の2,000人もの生徒たちが学年ごとに分かれて、すべてハワイ語によるハーモニーで競いあうコンテストである。本作は、コンテストへ向けて1年がかりで準備し、練習に励む生徒たちの素顔を追った感動のドキュメンタリー作品である。学年ごとにリーダーとして選出された生徒と家族を中心に、指導者である教師やミュージシャンらのインタビューも交えながら、1年がかりで猛練習に励む姿を追っていく。(作品資料より)

★大切なのはハワイ語で歌うこと
カメハメハ王直系の子孫の寄付により1887年に創設されたカメハメハ・スクールは、ネイティヴ・ハワイアンを祖先に持つ子を対象にした教育機関。だが創設直後の1888年、カメハメハスクールはハワイ語の使用を禁止され、1896年にはハワイの公立校でも“イングリッシュ・オンリーの法律によってその使用が禁じられた。ハワイの言葉が正式にハワイ州の公用語として認められるのは、それから80年お経った1987年のことである。現在ではハワイ語の復活を目指す多くの活動や研究が進められ、ハワイアンとしてのアイデンティティや文化とより強く深いつながりを実感できるような環境づくりが行われている。このコンテストも、その意識が色濃く反映されたものであり、大切に継承され続けている。(作品資料より)

★BEGINの「涙そうそう」はじめ、珠玉のハワイアンソングの数々
コンテストで歌われるすべての課題曲は、生徒たち自身がチームごとに話しあって決定する。ハワイの古典的な歌から現代のハワイアン・ソングまで、バラエティ豊かなラインアップが並ぶ。そのなかにBEGINの「涙そうそう」をカバーし、全米で大ヒットしたハワイを代表するアーティスト、ケアリイ・レイシェルの「カ・ノホナ・ピリ・カイ」がある。
クライマックスー日本人にとって聴きなれたこの優しいメロディに、ハワイ語が持つ美しい響きが重なりあったハーモーニは、私たちの心へさわやかな感動を届けてくれる。(作品資料より)

★予告動画はこちらから
http://www.youtube.com/watch?v=vLpzdPOuu8U

是非ともご覧になってください!!

Mahalo Nui Loa

|

« 大阪・梅田茶屋町のLAPINEでハワイアンライブとメレフラ!! | トップページ | 神戸のアプローズでも名渡山遼のウクレレ・ライブ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪・梅田茶屋町のLAPINEでハワイアンライブとメレフラ!! | トップページ | 神戸のアプローズでも名渡山遼のウクレレ・ライブ!! »