« リボンレイに挑戦! | トップページ | 速報!ラウラとフラリーパッドが京都でライブ。タヒチアンダンサーのKORUさんも出演!! »

2008年11月 5日 (水)

大興奮!大阪にタヒチの伝説が出現!!

本場タヒチのNo.1タヒチアン・ダンス・グループ、「レ・グラン・バレエ・タヒチ」の大阪公演が昨日メルパルク大阪で開催された。
このグループは今年で設立10周年を迎えて、本場タヒチでも大変有名なタヒチアン・ダンスグループで、彼らはパリをはじめヨーロッパ各地、カナダ、メキシコ、オーストラリアなどでも公演を行い、その素晴らしいステージは世界で絶賛されている。今回大変楽しみにしていたショー。ロサンゼルス公演では17000人、パリ公演では8000人を動員した。会場にはタヒチアンの先生や生徒さんに混じって、多くのフラガール達の姿も。。
ショーの内容は「ホトゥヒバの伝説」という愛と冒険の歴史物語。激しいドラムが会場に鳴り響き、タヒチの村がステージに出現した。ステージ奥にずらりと並んだドラム奏者から弾き出されるあのビートの効いた音が会場中に鳴り響いて、凄い迫力で客席に迫ってくる。まるで大昔のタヒチの村にタイムスリップしたような幻想的なステージで男性と女性のダンサー達が交互に次々と華やかな衣装をまとい、スピード感溢れるパワフルな踊りでストーリーを展開していく。男性ダンサーは逞しい肉体で時には飛び跳ねたり、女性ダンサーはすり足で腰を小刻みに激しく震わせて踊るオテア。作詞、作曲、振付を担当したLORENZOの素敵なボーカルで踊るアパリマはとても優雅な踊り。会場は次第に興奮の坩堝に。。
それにしてもこれだけの長い間、連続してスピード感溢れる踊りを繰り広げるステージは観たことが無い。そしてダンサーの衣装のとても美しいこと。。ステージの照明と旨くマッチして幻想的な雰囲気を醸し出していた。踊りの中に惹き込まれて行って、時が経つのは早かった。
ショーが終わり、ステージの幕を閉じてもカーテンコールの拍手が鳴り止まなかった。僕がこれまでに各地で観た踊りの中では最も凄まじく、独創的でストーリー性があり、情熱的な踊りだった。
会場を後にした。外は少し冷えたが興奮は冷めず、体は熱く耳からはあの激しいリズムのサウンドが離れなかった。素晴らしいスペクタクルショーだった。
関西にもついに本場のタヒチアンが上陸した。大いに刺激されてこれからタヒチアンブームに更に火がついて行くことだろう。
Special thanks for Ishi Enterprize,Inc.

◆アロハウォーカー12月号ではこの迫力あるステージの模様を取材記事と写真で特集します。お楽しみに!

Mahalo Nui Loa

|

« リボンレイに挑戦! | トップページ | 速報!ラウラとフラリーパッドが京都でライブ。タヒチアンダンサーのKORUさんも出演!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リボンレイに挑戦! | トップページ | 速報!ラウラとフラリーパッドが京都でライブ。タヒチアンダンサーのKORUさんも出演!! »