« 明日はマカレアの一周年記念ライブ! | トップページ | 今日のフラステージ! »

2008年10月25日 (土)

大人気!初のハラウ・モハラ・イリマのワークショップ

Dsc_01052 昨日の10月24日(金)から10月25日(土)まで2日間にわたりハラウ・モハラ・イリマ、マプアナ・デ・シルバの日本で初のフラ・ワークショップが開催された。昨日はこの記念すべき第一回目の初ワークを取材させて頂いた。会場はアロハスタンダードのスタジオ。
メリーモナーク・フラフェスティバル30回連続出場の実績があるハラウの初のワークショップとあって、大きな期待感と注目を集めた。
2日間で4回のワークは各クラスとも30名で満員御礼の状態。関西のハラウの先生や生徒さん、フリーのフラガールに混じって関東からも数名のフラガールが参加した。この日は午前がハレマウマウ、午後がノヒリエ、アウアナのワークだった。
初めてお会いするマプアナでシルバさんは笑顔がとても素敵で、体全体にハワイの自然を感じさせる雰囲気とアロハの精神に溢れていた。この度は3回目の来日だがワークは日本では初。
このハラウのステップはスリーステップで、カホロはヒールをアップしない。体の動きには全く無理がなく、とてもナチュラルで美しいスタイルのフラを創り出していた。自分の体全体を額縁に見立てて、上にあるのは太陽と月、真ん中にあるのは感情と心の表現、下にあるのは波や大地をイメージするという。このハラウ独特のイメージを創造するスタイル。
レッスンはとても丁寧で、納得いくまで個々の参加者の横に立ってハンドモーションを指導。またバース毎に白板で独特の記載方法を用いて歌詞の下にハンドモーションとステップの解説を行った。
このハラウはメリモナでは2008年度ミスアロハフラ2位、2007年度ミスアロハフラ3位、ワヒネ・アウアナ2位、ワヒネ・カヒコ3位受賞の実績があり、本年度のメリーモナークフェスティバル、ミスアロハフラ2位のカパライウラ(マプアナの次女)によるカヒコのパフォーマンスもあり、ワークは大いに盛り上がった。
彼女はあのアンティ・マイキ・アイウ・レイクから伝統に沿ったフラを習い1976年にハラウを創立した。数々のフラコンペティションで入賞している彼女のハラウのフラは思いやりや尊敬の気持ちを育ている。生きる道を見つけた人は年を増してからでもあまりメークや衣装に頼らなくてもじゅうぶんに美しいという彼女は全くの自然体。きっと彼女のハラウは皆が礼儀正しく、フラを楽しんでいることだろうと思う。素朴で素顔の自然の美しさと笑顔が満ち溢れた彼女に皆が惹かれたワークであった。
2011年には共に35周年を迎えるマカハサンズとビッグコンサート開催するという。エンターテイメント性を重視するハラウが増える中で、彼女の伝統に沿った清楚なフラは今後も益々注目を集める存在になるだろうと感じた。
◆写真はクム、マプアナ・デ・シルバとミスアロハフラ2位のカパライウラ(マプアナの次女)お2人のショット。
Special thanks for Kumu Mapuana de Silva and Ke’ala Aizawa.
Mahalo Nui Loa

|

« 明日はマカレアの一周年記念ライブ! | トップページ | 今日のフラステージ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日はマカレアの一周年記念ライブ! | トップページ | 今日のフラステージ! »