« 今日と明日の近鉄阿倍野・ラセレナのフラステージ! | トップページ | 感動の舞台「フラガール」!カーテンコールの拍手が嵐の如く。。 »

2008年8月24日 (日)

ハワイの風を運んでくれた!マノアDNAとポリネシアカルチャーセンター

Dsc_02992 昨日は大阪・本町にある御堂会館大ホールで「Aloha Hawai'i Nei Festival Special Live in OSAKA」が開催された。
開演前に楽屋にお邪魔して取材。先ずは僕の友人でもあるポリネシアカルチャーセンター日本セールス副社長のアランウォーカーさんにご挨拶。あの裏オアフのライエにあるポリネシアカルチャーセンターからクムや大勢のダンサーを引き連れての出演。ご本人もMCを担当されるとのこと。会場の関係で名古屋会場では好評だったファイアダンスが見れないのが残念だ。そしてマノアDNAのロイド(僕はお父さんと呼んでいる)、アレックスとニックと再会。今夜の素晴らしい演奏が楽しみだ。
午後5時からの開演。スタートは関西のハラウのフラ。ジーンズ アロハスタジオ、ハラウ オ リリノエ、ホッオウル フラ スタジオ、フイ オ ナ プア エリマ、ハラウ フラ オコウ プアが素敵な踊りを披露した。 青竹珊瑚はMOZOMIさんとEMMAさんが可愛い衣装で登場。熱いトークと演奏で会場を盛り上げた。
そして、ゲストのマノアDNAの登場。最初は彼等の2枚目のCDアルバムからダウンインパラダイス。ケアリイでお馴染みのカノホナピリカイでは日本語バージョンで涙そうそうを歌い会場から拍手喝采を浴びた。他にもカアイカフルイなどアップテンポの曲の演奏が続いた。軽快な耳障りの良いハーモニーとサウンドに会場は酔いしれた。また観客へのサービスも忘れず、カウルヴェヒオケカイでは会場に呼びかけて大勢のフラガールがフラを踊った。
ラストはハワイ州観光局の2008年度キャンペーンソングでお馴染みの「Discover Aloha with me」が演奏され、観客全員の手拍子で大いに盛り上がった。
次にポリネシアカルチャーセンターのショー。アランさんの流暢な日本語のMCでタヒチアンダンスからスタート。会場はさながら、ハワイでホテルのディナーを楽しんでいるような雰囲気。ハワイのフラ(カヒコとアウアナ)、マオリ、サモアなどポリネシアの踊りを大勢のダンサー達が洗練されたクオリティの高い演技で披露した。
また観客へのサービス精神旺盛で、ダンサーによるタヒチアンダンスやクムによるハワイアンフラのレッスンを取り入れるなど、観客と一体となって楽しめるショーを披露した。ラストは出演者全員と観客がハワイアロハを歌ってこの日のイベントを終了した。
詳しくはアロハウォーカー9月号に掲載しますので、お楽しみに!
Mahalo Nui Loa

|

« 今日と明日の近鉄阿倍野・ラセレナのフラステージ! | トップページ | 感動の舞台「フラガール」!カーテンコールの拍手が嵐の如く。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日と明日の近鉄阿倍野・ラセレナのフラステージ! | トップページ | 感動の舞台「フラガール」!カーテンコールの拍手が嵐の如く。。 »