« 明日から「神戸アロハブリーズ」が開幕!! | トップページ | 京都と明日は神戸・六甲アイランドへお越しください!! »

2008年6月21日 (土)

京都でハワイアンな午後!Lei Na Hoku2008

Dsc_06102昨日は京都会館第2ホールで開催されるLei Na Hoku2008を取材するため、午後から京都へ移動。少し時間があったので、前から行きたかったBerry Very Caféの河原町二条店に立ち寄った。地下鉄東西線の京都市役所前で下車、河原町通りを北へ向かって行くと左側にアメリカの国旗が見えた。お店の外見は町屋風。それもそのはず古い家屋を改造してできたアメリカンカフェだ。落ち着いた広い店内はカウンター席、BOX席、ソファー席があり、ところどころに昔懐かしいアンティークな雑貨が飾られている。奥には京風の小さな庭があり、風鈴が涼しげな音色を奏でていた。お店自慢のメニューは自家製ベーグルに3種類の具を選べるサンドイッチ。アメリカンサンドも同様のスタイル。僕はアボカド、スパム、ツナを選び挟んで食べたが、これまでにない なテイストに大満足。ロコモコのメニューもたくさんあり、次回は豆腐とミンチのロコモコを食べたい。自家製のケーキやスィーツのメニューも豊富。
2階にも50席くらいのスペースがあるので、ワークショップ、レッスン、ライブなどに適している。お店は御幸町と北白川にもある。
お店のHP:http://www.veryberry.jp/

16:00前に会場に到着。取材の打ち合わせが終わると、ロビーにマリア・ピーターセンの姿が。。1年ぶりの再会だ。「ハイ! サム」と愛くるしい笑顔とハグで迎えてくれた。
プエオ・パタのオリとカレオのハラウのカヒコでショーがスタート。「一体感」をテーマにミュージカル風にショーが創り上げられていた。ハワイの各島々にある海について、また自然に対する感謝と愛をフラで表現しているそうだ。関西のハラウの他に、鳥取からフラハラウピカケテルヌマの武良範子さんが素敵なフラを披露した。
2008年ナホク賞の女性ボーカリスト賞を受賞したナプア・グレッグの踊りながらの素晴らしい歌声とハラウの踊りが印象に残った。プエオパタの歌でマリア・ピーターセンがアバプヒ・プアケアを踊った。体は大きくないのにダイナミックで優雅な踊りで観客を魅了した。ホルナペのカマ・ホプキンスがウッドベースで出演していた。他にもクアナ・トーレス、ニック・キャステロの歌声など、多彩なゲストが出演して開催される今日の大阪公演(メルパルク大阪)をお楽しみに!!
◆写真は京都公演終了後のマリア。
Mahalo Nui Loa

|

« 明日から「神戸アロハブリーズ」が開幕!! | トップページ | 京都と明日は神戸・六甲アイランドへお越しください!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日から「神戸アロハブリーズ」が開幕!! | トップページ | 京都と明日は神戸・六甲アイランドへお越しください!! »