« 5月はアロハサマーフェスティバル! | トップページ | アロハウォーカーの記事を更新しました! »

2008年4月14日 (月)

京都で感動のホイケ!!

Dsc_0981 昨日は午後4時から京都テルサホールでトニー・タウベラ主宰のハラウ、MELE‘OHANA O KAHOKU KYOTOのホイケが開催された。
ハラウの京都スタジオの皆さんの他にトニーさんを師とする井上先生のKAIULANI HULA STUDIO、織田先生のNANI KALAMA HULA STUDIO、辻先生のKAPUA KEA TSUJI HAWAIIAN STUDIO、津田先生のHULA STUDIO POHAI KE ALOHAが参加してのホイケ。
会場には顔見知りのフラガールやフラファンもあちらこちらに。。
850名以上収容できるホールは開幕を待つ熱気で溢れていた。
そしていよいよ幕が開いた。ボーイズが加わってプイリで踊るKUU LEI HOKUでホイケがスタート。舞台の奥で演奏するバンドは勿論、トニー氏が率いるレオアロハ。この日は塚谷さんとYUMIさんに加えて、KIMOさんとコースケさんが加わってのスペシャル・ユニット。レオアロハの演奏はミュージシャンとしても大変音楽性が高く、ライブはいつも超満員で大人気のグループ。このバンドで踊るハラウの生徒さん達がとても羨ましい。気のせいかどの生徒さんの踊りも曲のリズムによく乗っていて、その表情が晴れやかで気持ちよさそうに踊っている。美しい衣装で踊るフラはよく揃っていて日頃の厳しいレッスンの成果だろうと感じた。
ケイキちゃんたちのフラはこれまでにない、とても可愛い演出だった。ホイケの1部のラストではお馴染みのプリンセスカイウラニを称えた曲KAIULANIで踊ったNA MOMO O KE KAIとNA KAMA O KA LAのトップクラスの方たちのフラは純白の衣装で貫禄あるフラを披露。
休憩を挟み、2部では中央に15名のカネが赤いマロ(ふんどし)姿で登場。両サイドには赤い衣装のワヒネ。カネの先頭はコースケさん。彼のオリでカヒコが始まった。曲はAIA LA O PELE I HAWAII。踊りは迫力があり、まるでメリモナのステージのよう。この後のワヒネのカヒコWAIANAEも素晴らしかった。
カネのIPO LEI MONIが終わった後、会場からのリクエストに応えてトニーさんがフラを踊り、会場の熱気は最高潮に。。トップクラスのALOHA HAWAII KUU ONE HANAUのフラがホイケのラストを飾った。
ホイケが終了して興奮が冷め遣らないロビーで、ファンに囲まれたトニーさんや生徒さん達の輪が。。会話が弾み、あちらこちらで記念写真を撮る姿が見られた。 最近、悲惨な事件が巷を賑わしているがフラを愛する人にはそういう人はいないと言ったトニーさん。常にフラを愛する人の気持ちと心を大切にするトニーさんのホイケは大成功に終わった。関西ではとても洗練されたハイレベルなホイケに魅せられて感動した。
このホイケの模様はアロハウォーカーの5月号にも掲載致します。
Mahalo Nui Loa

Special thanks for Mele Ohana O Kahoku Kyoto & Ms.Michiko Hori

|

« 5月はアロハサマーフェスティバル! | トップページ | アロハウォーカーの記事を更新しました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月はアロハサマーフェスティバル! | トップページ | アロハウォーカーの記事を更新しました! »