« またハワイの友人が「ウィキウィキハワイ」に登場! | トップページ | アンクル・ジョージが登場! »

2007年11月 4日 (日)

万博にフラが登場!

2007_1104minnpaku20037 昨日の土曜日は万博の国立民族学博物館で現在開催されている開館30周年記念特別展の関連イベント「オセアニア大航海展」でフラダンスが登場した! 出演は山本先生が主宰するハラウ・フラ・オ・マカナアロハの皆さん。 大阪・奈良を中心にハワイの伝統文化であるフラを通して、地元のイベントやボランティア等で活躍している。昨年から2年連続で、6月のみんぱく「音楽の祭日」に出演されている。この日は無料入場とあって、朝から多くの人が会場に詰め掛けた。
午前は11時から特別展示館内で、午後は13時30分から14時は秋晴れの晴天の下、会館前の広場でフラが演じられた。
いつ拝見しても笑顔でフラを踊る皆さんは素晴らしいアロハの精神が溢れていた。
7月にハワイのビショップミュージアムを取材した時にクム・ノエラニチャンにお会いした。ハワイの歴史と文化を伝えるこのミュージアムでフラの真髄を教えることに喜びを感じておられるようだった。今日は折りしも「オセアニア大航海展」が開催中で、展示会場には南太平洋に浮かぶマルケサス諸島からハワイへの考古学及び言語学的資料にもとづく経路が記されていた。
民族の歴史と文化を伝えるこの博物館でハワイアンカルチャーとしてのフラが堂々と演じられた意義のあるイベントだった。
Mahalo Nui Loa

|

« またハワイの友人が「ウィキウィキハワイ」に登場! | トップページ | アンクル・ジョージが登場! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« またハワイの友人が「ウィキウィキハワイ」に登場! | トップページ | アンクル・ジョージが登場! »